圧力の単位


 

1.目的

一般に、ターボの過給圧の単位には「mmHg」と「kgf/cm」が用いられている。整備資料や標準装備の過給圧計では「mmHg」が使われているが、雑誌の記事や社外品の過給圧計では「kgf/cm」が使われていることが多い。雑誌の記事などには「kgf/cm」で表記された過給圧(ノーマル)に、数値のくい違いが見られることがある。この2つの単位と、数値のくい違いについて考えてみる。

 

2.結論

雑誌などの「kgf/cm」で表記したものには、1「kgf/cm」を735.559「mmHg」として換算したものと、760.000「mmHg」として換算したものがある。

 

3.解説

圧力単位の換算(絶対圧)

気圧(標準大気圧)
「atm」
気圧(工学気圧)
「at」
キログラム重毎平方センチメートル
「kgf/cm
水銀柱
「mmHg」
1.03323 1.03323 760.000
0.967841 735.559

上の表は、絶対真空をゼロとした絶対圧である。気圧には標準大気圧と工学気圧(又は工業気圧)があるが、産業界で気圧と言えば工学気圧を指す。

この表から分かるように、

     1「kgf/cm」=735.559「mmHg」

が、正しい数値だ。

ところが、標準大気圧、工学気圧を区別して表記することはあまりないので、

     1「kgf/cm」=1「気圧」=760.000「mmHg」

と、勘違いしてしまうことがあるようだ。

また、産業界では一般的に大気圧をゼロとした相対圧を使用している。これをゲージ圧「atg」と呼び絶対圧と区別することもあるが、産業界で圧力と言えばゲージ圧を指す。つまり、産業界で気圧と言うと、工学気圧及びゲージ圧を指すことになる。したがって、ターボの過給圧もゲージ圧だ。ゲージ圧は大気圧をゼロとしているので、大気圧より低い圧を負圧、又は真空と言い、数値には(−)を付けて表記する。

以上のことを考慮してGT−Rの過給圧を換算すると、次のようになる。(赤枠の欄が正しい数値)


車 種
 
整備資料
過給圧
「mmHg」
1「kgf/cm
735.559「mmHg」
で換算 「kgf/cm
1「kgf/cm
760.000「mmHg」
で換算 「kgf/cm
BNR32 570 0.774921 0.750000
BCNR33 620 0.842896 0.815789
BNR34 685 0.931265 0.901316

 


1999/08/29
1999/09/04 更新

トップページに戻る