エンジンオイルの抜き方


 

エンジンオイルの抜き方に石を投げる!

 

エンジンオイルの抜き方に関する話しです。大切な車であれば、汚れたオイルは一適も残さずに抜き取りたいと思うのが人情です。でも、下抜きか、上抜きか、といった話しではありません。オイルフィルターの中に残ったオイルをどうするかという話しです。ご存知のように、フィルターの中には逆止弁があります。これは、エンジン停止時にフィルター内のオイルがオイルパンに逆戻りするのを防ぎ、エンジン始動時のオイル循環を早める役割があります。ところが、オイル交換の時は具合が悪く、フィルター内に汚れたオイルが残ってしまいます。そこへ新しいオイルを注入したんでは、エンガチョです。当然、その分だけ注入する新油の量も変わってきます。手間をかけることなく、汚れたオイルをしっかり抜き取る方法はないものかと、常識を無視して考えてみました。

 

フィルターを毎回交換する
オイル交換2回につきフィルター交換1回というのが一般的です。これを、オイル交換と一緒に必ずフィルターも交換するるようにすれば、フィルター内に汚れたオイルが残ることはありません。既に実践している方も多いことと思います。ただし、手間と部品代がかかってしまいます。

 

フィルターを取り外して内部のオイルを抜き取る
フィルターを交換しない時にも一旦取り外し、中のオイルを棄てます。そして、フィルターは再使用します。フィルターの構造を考えると、再使用することに何か問題があるとは考え難いです。注意することがあるとしたら、ゴムパッキンの劣化くらいでしょうか。手間はかかりますが、無駄にフィルターを交換しなくて済みます。フィルター内のオイルも棄てればスッキリするのに、一般に何故それをしないのか摩訶不思議です。

 

フィルターは外さずにエンジンを回して内部のオイルを送り出す
通常の方法でオイルを排出した後にエンジンを始動し、フィルター内のオイルを循環させてオイルパンに戻します。そうすることで、簡単にフィルター内のオイルを抜き取ることができます。フィルターを取り外す必要がないので、フィルターの周囲が狭いGT−Rには打って付けの方法と言えます。ただし、エンジンの回し過ぎには注意を要します。

 

GT−Rはオイルフィルターの脱着が厄介です。特にR32はエンジンルームが狭く、脱着にはコツを要します。取り外しの時にオイルをこぼしてしまうと、後始末が大変です。そんな事情もあり、フィルターを毎回脱着するのは、とても面倒です。ということで、エンジンを回すことでフィルター内のオイルを抜く方法を実践してみました。いつも通りに下抜きでオイルを抜いた後、オイルなしでエンジンを始動させ、10秒間ほどアイドリングで回してみました。「1・2・3・4・5・6・7・8・9・10」、オイルなしで回す10秒間は、とてつもなく長い時間でした。


左の大きい容器のオイルは、通常の方法でドレンから排出したオイルです。いつもなら、これで終わりです。そして、右の小さな容器のオイルが、その後に約10秒間エンジンを回して排出したオイルです。
理屈では分かっていたことですが、実際に目の当たりにすると実に感慨深いものがあります。


後から排出したオイルを0.5リットルのペットボトルに移してみました。オイルの量は0.3リットルくらいありそうです。フィルター内のオイルが、そこそこ抜けたようです。
いつもなら、この汚いオイルは新しい綺麗なオイルに混ざっていたはずです。オイル交換が済んだばかりのエンジンに、この真っ黒なオイルを注ぎ込むことを想像したら、全身に悪寒が走りました。

オイルなしでエンジンを回すことに問題がないかというと、これは何とも言えません。ですが、オイルを抜く前にエンジンを暖機し、エンジンの各部にオイルを十分に行き渡らせて置けば、少しの間ならオイルは留まりますから、その間に速やかにオイルの抜き取り作業を済ませれば大丈夫のような気がします。通常でも新品のフィルターを装着した時などはオイルの回りが遅く、エンジンが始動してから油圧計の針が振れ始めるまでに数秒ほど時間がかかりますし、さらにエンジンの各部にオイルが行き渡るのに、やはり何秒か時間がかかるはずです。おそらく、オイル経路の末端にオイルが届くまで、10秒前後の時間がかかると思われます。また、何日も放置した後のエンジン始動時を思えば、10秒程度の空回しなら、どうと言うこともないでしょう。

エンジン空回しによるオイルの排出は、フィルターを交換する時にも有効です。事前にフィルター内のオイルを追い出してしまえば、フィルターを取り外した時に流れ出すオイルが少なくて済み、何かと作業が楽です。エンジン空回しによるオイルの排出は、手を抜いてオイルもしっかり抜けます。はたして、これは禁断のオイル抜き方法でしょうか。

 


2003/07/21

トップページに戻る