アイスボトルを作る


 

1.目的

袋が破れて使用不能になったアイスパックをペットボトルに詰め替え、アイスボトルを作る。

 

2.結果

タダ、詰め替えただけ。

 

3.詰め替え

食品を宅急便などで送る時、保冷材に使われるアイスパックがある。再使用が可能であるため、人体の頭部冷却やレジャー用のクーラーボックスに使用することができる。ところが、元々使い捨て用であるためか、何回か再使用したところ袋が破れてしまった。そこで、ペットボトルに詰め替えて使用することにした。


アイスパックと容量500mlのペットボトルを用意する。
北海道へ出張した時、飼育するために毛蟹を購入し、持ち帰ったことがあった。オスとメスを1匹ずつ購入しようとしたが、メスは繁殖のために捕らないと言われ、がっかりした想い出がある。その時に蟹が抱いていたアイスパックもこの中にある。


ペットボトルの内部を十分に洗浄し、アイスパックの中身を入れる。
凍結すると膨張するので、少し空間を残すようにする。


キャップをしっかりと締め、水洗いしてアイスボトルの完成だ。
アイスパックの中身を取り出してみて分かったことだが、ゲル状の物と液状の物があった。

 


2000/07/10

トップページに戻る