折りたたみ傘の修理


 

1.目的

折りたたみ傘の骨が壊れたので修理をする。

 

2.結果

骨をつなぎ留めるアイレット(はとめ)が外れていた。アイレットの代わりにネジを使って修理をした。

 

3.傘の骨を調べる


壊れた傘を開くと、こんな感じになる。
嵐の時でもこの傘を使っているのだ。


骨をつなぐアイレットが外れ、関節が脱臼したようになっている所が2箇所あった。
骨自体は太くて丈夫そうだ。

 

4.ネジを使って直す


アイレットの代わりに、2mm径のネジとナットを使う。


穴が少し小さいので、適当な工具でグリグリして穴を広げ、ネジをねじ込む。


ナットを軽く締め、2度と外れないようにハンダで固定する。


傘を開いて骨が直ったことを確認する。
実は、以前にも同じ修理をしたことがあり、今回で修理箇所は5箇所になった。

 

6.ついでに撥水処理をする


この傘はNISMOの通信販売で購入した物だ。
壊れやすい傘であるが、折りたたむと異常に小さくなるので、通勤カバンに入れっぱなしにして常に持ち歩いている。
撥水性が落ちていたので、最後に防水スプレーを吹き付けた。

 


2000/07/09

トップページに戻る