鍋の穴を塞ぐ


 

1.目的

鍋の底に穴が明いたので修理をする。

 

2.結果

とりあえず穴を塞ぐことに成功したが、底板にプツプツと沢山の腐食が確認できる。いずれ穴だらけになるであろう。

 

3.穴の明いた鍋を調べる


これが底に穴が明いた鍋である。ステンレス製で、蓋には覗き窓が付いている。


穴から電灯の光を覗くと、こんな感じに見える。

 

4.穴を塞ぐ


穴を広げ、裏からステンレスの2mm径のネジをねじ込み、叩いてかしめる。ネジは、リベットの代わりである。


ネジの潰れ方が汚いが、穴が塞がれば良いのだ。水を入れて漏れないことを確認し、修理は完了。
内側は腐食して、穴が明きそうな所が沢山ある。

 

5.鋳掛

鍋や釜を修理すること、またはその職業を鋳掛(いかけ)と言うそうだが、そのような商売を見たことは1度もない。今時、穴の明いた鍋を修理して使う人なんていないからだろうと思う。

 


2000/01/16

トップページに戻る